私の娘は現在中学生。

髪の毛は割と多い方で、小学校高学年からは美容院でないとカットは難しくなってきました。

そんな娘、小さい頃は、本当に薄毛で薄毛で、悩みは「薄毛」と本気で言っていました、私。http://www.munich-medicine.com/

赤ちゃんの頃ならまだしも、3歳になっても薄く、薄いだけではなく何故だかほとんど伸びなくて。

ノーカットなのに「あら素敵なショートカットねぇ」とお褒めの言葉を頂く程(笑)

毛は糸のように細く、今思うと、細すぎるだけに抜け毛も多かったのではないかと。

周りの女の子達は、それはそれは可愛い髪飾りでポニーテールだったり、二つ結び、三つ編みスタイルなど、それはそれは女子力満開に華やかで・・・

それを私は、心の底からうらやましいと思っていました。そして「何故うちの娘は・・・」と比べては落ち込んでみたり。

今思うと、「ふっ!」と鼻で笑ってしまいます。

ずっとこんな薄い髪ではないはず、と思ってはいたものの、まさかこんな毛量の多い子に育つなんて。。。

美容院で透いてもらった髪、あぁ、あの頃の娘にウィッグを作ってあげたいわ。

とにかく、子供が小さい頃の悩みは、体の具合以外のものは大抵どうってことない、という事を学びましたね。