こめかみに小さな「シミ」があるのに気付いたのは5年くらい前です。「いつの間に?」と思いました。この時に「でも、これくらい」と見て見ぬふりをしたのが、大きな間違いでした。スキンケアも今まで通り、特にエステにも行かず、ズボラにしていた事を返す返すも後悔しています。

1年前にデパートのトイレに入り、やや入念に化粧直しをしました。このトイレにはパウダールームがあり、いわゆる「女優ライト」のような鮮やかな光が灯っています。この明りの中で、まじまじと自分の顔を見た時、文字通り愕然としました。とんでもない「おば顔」が映っているのです。

両頬の全体を覆うように、薄い「くすみ」があり、その中にも周りにも大小の「シミ」が点在しています。更に、まだまだ大丈夫と高をくくっていた「法冷戦」も、なかなかの物です。

ここから毎朝毎晩「シミ」との戦いです。初めて購入した「シミ」対策化粧品は、テレビCMで、よく見かける大手製薬メーカーの「シミ消しクリーム」。ですが一向に消える気配はなく、やっぱり安い物では無理だ。それなりの対価を払わなければと、デパートの化粧品売り場で「万」単位の美白美容液を購入。

それでも「シミ」は毎月のように新しく増えて行き、もう心が折れそうです。魔法のように「シミ」が消えてなくなる方法があれば、今日からでも実践します。

鉄は熱いうちに打てといいますが、「シミはできる前から消せ」とでも言いますか、できてからでは遅いです。http://www.keizainews.net/