髪が硬いことを悩んでいる方は多いのではないでしょうか。髪が硬くても弱みと強みがあります。今回は、弱みと強みを簡単に紹介します。プレミオール21日間スターターセットは販売店での市販なし!私の口コミや効果など完全解説!

 まず弱みは、キューティクルがの層が厚いので髪を染めるときに、髪内部に薬剤が浸透しにくいとされ、薬剤の放置の時間が掛かります。またコルテックスの量が多いと髪1本1本が太くなり、まとまり難さを感じることがあります。ヘアスタイルを決めるのに難しいと言われています。

 次が強みですが、キューティクルの層が厚いという事は、他の人と比べてツヤのある美しい髪という事です。薬剤やドライヤーの熱などに強く、日光や摩擦など物理的な刺激にも強いと言われています。コルテックスの量が多いので比較的ボリュームのあるヘアスタイルを簡単に作ることが出来ます。

以上が弱みと強みですが、硬い髪は扱いにくいと感じる方もいるでしょう。扱いやすくするために必要な成分を紹介します。

健康と言われる髪の毛の約80%はタンパク質、約12%の水分、約5%の脂質、その他の微量元素で構成されています。扱いやすい髪にするにはタンパク質と水分、脂質のバランスを調整してあげることが重要です。硬い毛の場合は、水分と脂質のバランスが崩れることが多く、ゴワツキに繋がってきます。このバランスはシャンプーなどのヘアケアで補うことが出来ます。