トイトレは子供のペースで取り組むもの、と聞いたことがあります。トイレに座ること自体を怖がることもあるし、トイレは怖い場所ではないと子供が理解しないと進みません。

しかし、子供のやる気を待っていたら子供が4歳になってしまいました。4歳といえばほとんどの子はオムツが外れていて、トイレへの恐怖心とか、ほとんどありません。周りの様子はきになるけど、自分はできないという事実に子供が悩んでいることは見て取れるので、保育園で相談しました。パンツで過ごす時間を増やして、大丈夫そうなら保育園でもパンツで過ごす時間を作っていくことになりました。

子供は、パンツへの憧れはあります。「オムツかっこわるいから」とオムツを嫌がることもありました。パンツはかっこいいと思いつつ怖がる理由は、失敗したら嫌だという気持ちと、今まで自由なタイミングでできてた排泄をトイレでしないといけなくなる面倒くささでした。本人が面倒になってしまったら、親がどんなに焦ってもトイトレは進みません。親子で気持ちの足並みが揃っていないんです。

焦るのは良くないんですが、親としてはほんの少し頑張るように仕向けて行かないといけないと考えています。少し強引ですが、保育園でもパンツで過ごす時間を作って、できる回数を増やさせる作戦を始めました。怖いものを強制するのは良くないけど、面倒くさがっているのは多少強引でも仕向けていけば変わってくれると思います。